忍者ブログ

生活指導に医療コーチングを活かそう!

〜楽しくて意味のある指導時間をつくるためのツールとしての医療コーチング〜

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去年のいつ頃からだったか

mixiのアプリにすっかりハマってしまった

今ではそうでもないので、ハマっていたと言った方がいいかもしれない


週末に、休日に一度アプリを始めるとしばらくパソコンの前から動けなくなる

そして、何度も何度もアプリをしていた

週末だけではなく、仕事の日も夕飯の後に一度始めると止められなくなる

アプリだけではなく、mixiのニュースなどの記事を読んだりもしていて

気がつくと数時間が経っている

そして目が疲れ、他のことをする気が無くなる


これはよくないなと思い始めたのは

数ヶ月前からだったが

なかなか止められない


何せ、最初は癒される〜という感じで

自分には心地よい感じさえあったので

止めるという必要性は全くなかった


しかし

結果として、目が疲れて、やる気が消失するのは

いいこととは思えない


この習慣を解決したのは

ちょっと違う方向からのアプローチであった


年末の最後のコーチングセッションで始めようと思ったことだが

自分が目標に向けた行動を起こしたときに

自分に対してご褒美を用意してみる

という計画を立てることを始めた


その一つに

英会話の勉強を30分以上したら

そのご褒美としてアプリで遊ぶと決めた

つまりアプリで遊ぶには英会話を30分以上勉強しないといけない


もちろん英会話の勉強をしたいというのは私の楽しみでもあった

英語がしゃべれるようになって、イギリス旅行を自由に出来たら素敵と思っているので


しかし、英会話を一人でコツコツ毎日練習するのは結構大変

英会話には通っていて、全部で6年近く勉強している

しかし、今までに毎日自習の時間を持つということは無かった

続かないのである


この英会話とアプリを同時に解決させること

これが、ご褒美の計画で実現できた



12月24日から始めたこの計画で

英会話は昨日までに14日勉強している

約3週間で14日

間に年末とお正月と、先週末の勉強会の開催とセミナー参加という日程の中

3日に2日は実行していたというのは快挙である

今までには無かったことである


以外の方向からの習慣の改善だったが

既にアプリ熱が少し冷めている気がする

何しろアプリをするよりも面白い計画を実行し始めているので

習慣を変える試みとしての一つのパターンかなと思っている


PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
カレンダー
  • 05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
カウンター
コーチング 100のスキル
  • coach21が提供しているCTPで コーチングの100のスキルがある この100のスキルを医療コーチングとして 応用していけるのか? それを検討していきたいとおもう
最新TB
最新CM
バーコード
ブログ内検索
P R
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 生活指導に医療コーチングを活かそう! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]