忍者ブログ

生活指導に医療コーチングを活かそう!

〜楽しくて意味のある指導時間をつくるためのツールとしての医療コーチング〜

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

               生活習慣の改善をサポートするコーチの根岸です

 
脂肪細胞が内分泌臓器だった!

このことは20年近く前から分っていたことだった

しかし最近になって本で読むまでは私自身も知らなかった

看護学校を卒業して28年が経つから

勉強することなく今までを過ごしていたのかと反省するけれど

でも脂肪細胞がホルモンを出す内分泌器官だったとは

しかも人によっては数十キログラムも脂肪細胞がある

知らなかったら困るし、生活習慣病には多いに関係がある


その脂肪細胞がどんなホルモンを分泌しているか

詳しくは診断と治療者から出ている「メタボリックシンドロームディクショナリー」を参照して欲しい


簡単にいうと

アディポサイトカインというホルモンが分泌されている

このアディポサイトカインには善玉と悪玉があり

善玉はアディポネクチンを

悪玉は遊離脂肪酸、TNF-α、アンジオテンシノーゲン、PAI-1を分泌している


あまり一般的なものではないでしょう

私も詳しいところはこれからもっと調べていきたいと思っている

問題はこれらのホルモンが何にどう作用しているかだと思う

アディポネクチンは善玉と言われるくらいだから

悪いことはしていない

その作用はインスリン感受性増強作用と抗動脈硬化作用である

すなわち動脈硬化と糖尿病を防いでくれる


問題は悪玉のアディポサイトカインが何をしているかだと思う

この悪玉は脂肪細胞が肥大化することで増加してくる

遊離脂肪酸は脂質代謝異常とインスリン抵抗性に関係し

TNF-αはインスリン抵抗性に関係する

アンジオテンシノーゲンは血圧を上昇させ

PAI-1は血栓形成に関係する


つまり、肥大化した脂肪細胞が分泌するホルモンが

糖尿病や動脈硬化、高血圧の発症や悪化に関係しているということです


太るということ、脂肪が増えるということで

体内で意志に関係なく困った作用を起こしていることが分ると

難しいかもしれないけれど

この脂肪細胞を減らしましょうと懇願したくなる

生活習慣病を未然に防ぐにはやはり体重を落として

脂肪細胞を小さくしていくことが大事なんだと思う


更に体重を落とそうとする時に抵抗する体内での仕組みもある

これについては次回に書いてみたいと思う

今夜はこのへんで...私にとって大事な休養を取ることにします^^V

 
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
プロフィール
カレンダー
  • 07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
カウンター
コーチング 100のスキル
  • coach21が提供しているCTPで コーチングの100のスキルがある この100のスキルを医療コーチングとして 応用していけるのか? それを検討していきたいとおもう
最新TB
最新CM
バーコード
ブログ内検索
P R
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 生活指導に医療コーチングを活かそう! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]